【お役立ち情報】初期費用として家賃の半年分程度は用意

【お役立ち情報】初期費用として家賃の半年分程度は用意


【お役立ち情報】初期費用として家賃の半年分程度は用意
賃貸と聞くとどうしても一人暮らしの学生さんや単身赴任のサラリーマンというイメージがあるかと思います。
しかし引越しや生活環境など何かと便利ということでファミリー層でも賃貸物件を選ぶ傾向にあるのです。 賃貸への引越しにはある程度のまとまったお金が必要であり、不動産屋に支払う手数料はもちろんのこと引越し代も必要です。
このような、諸々の費用を全て把握し初期費用として家賃の6ヶ月分は準備をしておくと良いでしょう。

もし出せることの出来る家賃の上限を決めるのでしたら、貴方の毎月の収入の1/3までにすると良いでしょう。
多くの場合、家賃以外にも管理費や共益費がかかってくるので無理して高額な家賃の物件を選んではいけません。
部屋の間取りや周辺の環境など賃貸探しでは重要となりますが、それ以上に賃料はもっと重要なのです。
適正な家賃は、一般的には月収の3分の1程度とされており、それ以上ですと経済的に大変になってしまいます。



【お役立ち情報】初期費用として家賃の半年分程度は用意ブログ:2018/7/20

私の実家は親戚が集まることが多く、
夏休みには子どもたちが大勢泊まりに来て
それはにぎやかでした。

そんなとき母が必ず作るのがちらし寿司。
人数の調整がきくので便利なメニューです。

寿司めしを作るときは
いつも長女の私が呼ばれて母のお手伝い、
扇ぐのが専門です。

お子様なのであちこち扇いでしまう私に、
「もっと力を入れて、下に向かって扇いで!」
と母によく怒られたものです。

母はおやつづくりが得意で、
秋になると作ってくれたアップルパイの味は忘れられません。

焼きたてのアツアツを
ふぅふぅしながら食べるのが大好きでした。

母はユニークと言いましょうか…
ひとたびアップルパイを作り始めると
次から次へと夢中になって焼き続け、
焼きあがる度に母に言われて
私が近所中に配るのです。

そしてアップルパイと共に日は暮れて、
夕方飯のおかずといえば、
いつも焼き魚1品だけという具合でした。

今では秋になると自分でアップルパイを作りますが、
アツアツを食べる度になつかしい味がくちいっぱいに広がって、
あの頃の思い出がよみがえります。

夏休みには何といってもアイスクリーム。
茶筒の中に牛乳、卵の黄身、砂糖と塩を入れて混ぜ、
氷を入れたたらいに沈めて、
10時の10時頃から時々かき混ぜながら待つこと数時間。

みんなたらいの周りで
まだかまだかと楽しみに待っていました。

3時頃になってようやく出来上がった
1本の茶筒のアイスクリームをみんなで分け合って食べるのです。

生クリームが入っているわけでもなく、
今時のアイスクリームと比べる余地もありませんが、
当時はおいしくておいしくて、
みんなどれほど楽しみにしていたことでしょうか。

【お役立ち情報】初期費用として家賃の半年分程度は用意

【お役立ち情報】初期費用として家賃の半年分程度は用意

★メニュー

【お役立ち情報】初期費用として家賃の半年分程度は用意
【お役立ち情報】賃貸の家賃が時期によって高くなることもある
【お役立ち情報】礼金も大切ですが敷金の使われ方にも注意しよう
【お役立ち情報】不動産屋が競合しているからこそ狙い目
【お役立ち情報】引越しの2週間前に賃貸探し
【お役立ち情報】賃貸契約をさせるための悪質な広告に注意
【お役立ち情報】偏った情報が掲載されている賃貸情報誌
【お役立ち情報】最も大切なのは出せる家賃の設定
【お役立ち情報】管理物件を多数抱えている不動産屋
【お役立ち情報】やっぱり賃貸探しで役立つのがインターネット


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)自分の求めている納得の賃貸辞典